就活するなら面接官の視点を持て

学部卒と大学院卒

いらっしゃいまし。

今日は良くある質問の中から、

『大学院に進学するべきかどうか?』

というのがあるので、こちらについての管理人の回答を記しておこうと思います。

・・・ちなみに、理工系の人の話なので、文系の人への回答ではないので、
あらかじめご了承を。


・・・


大学院へ進学して就職する場合は、
まず自分が大学院の2年間で何をするために進学するのか?が重要です。

結局『なぜ進学しようと思うか?』こそが、カギなのです。

・大学院で何をしようと思っているのか?

・どうしてそれは大学院でなければならないのか?
 (就職してからでは、それは出来ないことなのか?)

・そこで得られたことを、将来どう役立てる気なのか?

ということに回答できることが前提にあるべきなのです。


もしもこの回答が、

『ただ単に就職に有利だと思ったから』

・・・という考えであれば、それはもう少し考えてみる必要があります。

学部卒で就職して、2年早く仕事を始めたら、
給料をもらいながら2年分のスキルが身につきます。

ついでに、就職すると実務をしながらスキルを身につけるので、
実践X実践X実践X・・・と、実践を通じて経験もつむことができます。
なので、大学院とは比較にならないスピードでスキルが身につきます。

だから、給料をもらいながらスキルを身につけるのと、
学費を払って修士号を取得し、何を得ようと考えているのか、
をちゃんと整理した上で、比較する必要があります。

この2つを比較した上で『大学院に進む決心をしました』と言えるなら、
迷うことなく大学院に進むべきでしょう。

こういうと、

『講師の方は大学院卒ですか?』

という質問がきます。

答えはハイ、ですが、それって今大学院に進学する理由がないから、
質問して『答え』を聞きたいのだという気持ちの表れではないかと思います。

でも、『答え』はひとつじゃないし、
正解も間違いもないので、自分の状況に併せて考えてみればいいと思う。

将来研究職についてい、博士号をとりたいというのでもいいし、
今の卒研では不十分(消化不良)なので進学するというのでもいいし、
要は他の人に説明できる理由があればいいのです。

ただ、就職に有利・・・というのであれば、
面接官は『そんなこと、誰が言ったの?』って突っ込みが入るかもしれません。

・・・そうなったら、返す言葉がなくなります。

先輩が言ってましたとか、先生が言ってました、というのは理由になりません。

自分なりの考えで、こういう理由で大学院に進学して、
何を得て、それはなぜ大学院なのかを説明した上で、

『就職に有利になると考えました』

と答える必要があります。

結局、迷う前に自分のことを整理しておく必要があるのです。
そこが、まさに質問の答えになるのです。

もしも大学院に進学するのであれば、
研究を通じて、基礎学力とその実践を行うこと、自分で考え抜く経験をした、
と言い切りたいところです。

その考え抜くという経験をした結果、修士論文ではこういう事象を解明しました
と具体的に研究内容の成果を報告する必要があるでしょう。

・・・研究が上手くいけば、ですが。

その上で、将来どういう方面に進みたいとか、企業でどういうことをしていきたい、
ということが語れるなら、大学院に行く価値はあると思います。

すべては、自分のたな卸しが必要なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近のコメント